事務所PR > 社会保険労務士とは

社会保険労務士の役割

企業の健全な発展・労働者の方々の福祉の向上

「社会保険労務士」は、労働・社会保険に関する法律、人事・労務管理の専門家として、企業経営の3要素(ヒト・モノ・カネ)のうち、ヒトの採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、さらに年金の相談に応じる、ヒトに関するエキスパートです。

社会保険労務士の定義

社会保険労務士法に基づく国家資格

社会保険労務士は、社会保険労務士試験に合格した後に連合会に備える社会保険労務士名簿に登録することで、プロとして社会で活躍しています。
社会保険労務士の定義は「社会保険労務士法に基づき、毎年一回、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ、2年以上の実務経験のある者で、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録された者」と法律により定められています。
平成31年1月末日現在、社会保険労務士は全国で42,318人、社会保険労務士法人会員は、1,656法人です。

賃金や年金をもらえないときどうしますか

働いたのにお給料がもらえない、年金を納めたのに給付額が少ない・・・ そんなときあきらめていませんか。
怒り、悲しみ、憤りなどいろいろな思いがこみあげるでしょうが、こうした問題は感情では解決しません。
解決の糸口を握るのは法律です。
働く人の権利は主に「労働基準法」によって定められています。年金のことは主に「国民年金法」と「厚生年金保険法」で定められています。ほかにも「雇用保険法」、「健康保険法」などさまざまな労働や社会保険関係の法律が働く人を守っています。

ルールと解決法を知れば損しない

決められた法律を知っていれば、決められた手続に従い、自分の権利を守ることができます。
しかし、細かい法律の内容は知らないのが普通です。どのような手続を踏めば、相手に法律を守ってもらえるのかも、わからないと思います。
それをあなたの代わりに考え、行うのが社会保険労務士。

社会保険労務士の業務

人事労務管理のコンサルティング

労働者の能力を活かせる職場作りを支援します

企業経営の3要素と言われる「ヒト、モノ、カネ」。そのうち「ヒト」が最も重要だと言われています。

65歳までの雇用の確保が義務づけられ、契約社員・パート・アルバイト・派遣社員といった雇用の多様化が進む昨今、多様化した人材の能力をいかに引き出し活用するかが、企業の生産性を高めるための重要課題だと言えるでしょう。 企業の業績アップには、年俸制や能力給等の導入といった賃金体系の変更、能率を上げるための労働時間制など、職場のみなさんがいきいきと働ける環境づくりへの工夫が欠かせません。

しかし、それぞれの企業が業績をアップさせるために最も適した体制は、その業種や、働く人と顧客の性別・年齢層などによって異なります。

社会保険労務士は、その会社の実情を専門家の目で分析し、きめ細かいコンサルティングを行います。企業の発展を促すことは、労働条件の改善にもつながり、企業の更なる活力を生み出します。

以下を中心にコンサルティングを行います。

  1. 就業規則の作成、変更
  2. 労働時間、休日等の労働条件
  3. 賃金制度の設計
  4. 人事関係
  5. 個別労働関係紛争の未然防止と解決(紛争解決手続代行業務は特定社会保険労務士のみ)
  6. 安全衛生管理
  7. 福利厚生

年金相談

年金は、個人が加入している年金の種類や期間などにより支給額が異なる上に、法改正や制度自体の変更などにより、見込み支給額が増減することもありえます。社会保険労務士は、こうした年金のしくみや受給資格などについて熟知しています。どんな年金が、いつから、どのくらいもらえるのか。年金をもらうためにはどのような手続が必要なのか。いろいろなご質問にお答えし、ご相談に乗ります。また、年金をもらうための手続をお手伝いします。

  1. 年金の加入期間、受給資格等の説明
  2. 年金の請求に関する書類を依頼人の皆様に代わって作成
  3. 行政機関への請求書提出